ほぼ中立ブログ

少しだけ百合に偏った雑記ブログ

「ほんとのかのじょ」百合漫画をレビューしたい

【スポンサーリンク】

  • 作者:今村陽子
  • 巻数:全1巻
  • 初版:2015年
  • 分類:GL、学園モノ、ドM✕天然S

「今村陽子」様作の百合漫画「ほんとのかのじょ」のレビューもとい感想です。ネタバレ少しありますのでご注意ください。

ピュア百合アンソロジーの「ひらり」で連載されていたこちらの作品ですが、「ピュア」の看板に偽りなしの内容になっています。もっとも、純粋なMという意味で、ですが。

物語はドMの高校生「もえ」が友人の「ゆーか」に告白するところから始まります。そしてあっけなくフラレます(ネタバレ)。

ついでにもう少し書きますと、フラレる際にゆーか様に色々罵倒していただけます。うん、言葉のチョイスが絶対常人のソレじゃない。あんな言い方したら喜ぶだけだと思うんですけど。誰がとは言いませんが。

さて、もえの告白をあっさり拒否したゆーかですが、それは彼女が外面を取り繕いながら学校生活を送っていることに関係しているよう。ですが、そんな彼女の嘘を「もえ」は見抜いていたようで、「本当のゆーかも大好き」と打ち明けられたことで心が揺らぎ始めます。

何だかんだでゆーかがドMのもえに振り回されながらも、徐々に惹かれ純粋に相手の幸せを願うように変化していく過程はまさにピュア百合アンソロジーの名にふさわしい内容だと思います。

今度はホントです。自分の声を録音してプレゼントする話とかスゴく心が洗われました。

ただ、その手段に目を向けたときに溝の深さを思い出して途方に暮れてしまうという。愛は性癖を超えられるかという、深いような、深くないような、テーマがあるのかもしれません。嘘です。

妙な流れになってきたので、忘れずに重要なことだけ書いておくと二人ともとても可愛いです。

ゆーかがクールな美人系で、もえがフワフワの可愛い系といった感じでしょうか。

あまりの可愛さに、性癖がどうあれ気にならないとなるのがよくあるパターンな気がしますが、それを許さないほど突き抜けたもえのドMっぷりが面白いです。拒絶しながらもその天然Sぶりで度々もえの欲求を満たしてしまうゆーかはやはり良いパートナーですね。

全体的にコメディ調で難しいことを考えずに読める漫画だと思いますので、寝る前なんかに良いかと思います。まあ、寝しなに人間の性癖の深淵を覗きたいかはともかくとして、可愛い女の子を眺めるということで。

最後までお読みいただきありがとうございました。