ほぼ中立ブログ

少しだけ趣味に偏った雑記ブログ

「好きなのは女の子」百合漫画レビュー

画像クリックでAmazonへとびます

  • 作者:北尾タキ
  • 巻数:全1巻
  • 初版:2018年
  • 分類:GL、短編集

「北尾タキ」様作の百合短編集「エクレアSpecial 好きなのは女の子 北尾タキ百合作品傑作選 」のレビューもとい感想です。ネタバレあるかもしれないのでご注意ください。

北尾先生と言えば、百合アンソロジーの「エクレア」での印象が個人的には強いですが、こちらの単行本では同人誌で発表されていた作品がまとめられています。社会人百合が多め。それと、中々アダルティなイチャイチャ多めでした。イヤッッホォォォオオォオウ!

さて、短編集ですのでそれぞれについて簡単にまとめてみます。

好きなのは女の子(朝)・好きなのは女の子(夜)

付き合い初めの社会人百合カップルの甘々な日常を描くショートショート。方言が可愛かったです。方言が可愛い(念押し)。

誘惑したいの。

後輩に襲われた先輩の、ピンク色の悩みを描いた社会人百合短編。愛があるのでセーフです。あと、先輩がエロいです。

さらに言えば、自分のことを襲ってきた後輩をもう一度家に呼んで、今度は何も起こらなかったことに落胆している先輩が可愛い。可愛くてエロい。つまり無敵ですね。

完璧なカノジョ

「私の彼女が完璧すぎて心配」、完全に惚気です、ごちそうさまでした。ただ、「石谷さん」は出会いがカッコ良すぎだったので「青木さん」の気持ちも分かりますけどね。

恋愛のアレコレには疎い石谷さんが一転して可愛いです。ある意味隙がない。

酒は飲んでも飲まれるな!

同じ部署のアイドル「白河さん」を飲み会からお持ち帰りしてしまった「春子さん」の社会人百合短編。記憶がないって怖いですね。反省しようがないですから。

オチが好き。何だかんだあってもやっぱり白河さんは天使だと思います。バリタチ(小声)。

にたものよりみちまよいみち

実らない片想いを抱え続ける二人が、自分の気持ちから目を逸らし、なかば傷を舐め合うように関係を深めていく百合短編。そう簡単には吹っ切れませんよねぇ。

名前呼びのトリックが切なくも面白かったです。

女ってヤツは!!

別れた彼女「愛」からの衝撃の報告を聞き、心に傷を負った「ユーコ」が友人の「美咲」に慰められて立ち直る物語。いやー、愛さん悪い女でした。何かもう清々しいほどに。

その分美咲さんの天使感が際立ちます。ソファーに押し倒されてからの小声での「いいよ」は破壊力スゴかったですね。殺しにきてますね。

カヤとセンパイ

高校が舞台という訳でもないのでしょうが、ピュアな短編でした。美人な「杉浦先輩」に憧れる新入生の「カヤ」は、先輩の「誰とでも寝るらしい」との噂を聞きつけ先輩に突撃します。

そのまま、18禁展開になるかと思ったんですが、そんなことはなかった。愛ですね。愛故ですね。先輩との友好を深めながらもやっぱり抑えきれない想いが溢れてしまう、とても綺麗な短編でした。


ネタバレしそうだったので含めませんでしたが、「トライアングル」も三角関係の素晴らしい百合短編です。少し大人な雰囲気の女の子同士のイチャイチャが堪能できる短編集。未読の方はいかがでしょうか。