ほぼ中立ブログ

少しだけ趣味に偏った雑記ブログ

「付き合ってあげてもいいかな」百合漫画レビュー

※この記事は1巻発売時に作成したものです。ネタバレが多少ありますのでご注意ください。

画像クリックでAmazonへとびます

  • 作者:たみふる
  • 巻数:1巻(2018/01/16現在)
  • 初版:2019年
  • 分類:GL、大学、恋人

概要

「付き合ってあげてもいいかな」、そんなふわっとした気持ちで付き合い始めた二人の女子大生の物語。

恋人が欲しかったから、なんてともすれば邪に受け取られてしまう理由でも気持ちがついて来るなら問題ナシ。唐突にスタートした恋人関係のリアルな模様が描かれる魅力満載の作品です。

漫画雑誌アプリの「マンガワン」にて配信・公開されています。作者は「たみふる」先生で他に「空気人形と妹」などがあります。

感想

ここからは感想です。ただの感想です。

最初は嫌いじゃないなら付き合ってみようかという軽いノリだったのに、お互いに真剣に相手のことを考える内に段々と恋人としての仲が深まっていくのが、等身大な恋の話という感じで良いですね。中々珍しいタイプの百合漫画な気がします。

そんなこんなで付き合ってから知る相手の一面の方が多い訳で、すれ違ったり悩んだり。見つかるのは長所だけではなく、短所もあったり。

ロマンチックな恋に憧れるメルヘン嗜好なみわと、恋人になったらからには、やることやりたい欲望に忠実な冴子の対比が面白かったです。

サバサバとした性格の裏返しということでもないのでしょうが、性的な欲望にオープンな冴子に戸惑いながらも受け入れようとし、それでもやっぱり気持ちが追いつかなくて色々悩んでギクシャクしてしまうみわが、確かにちょっとメンドクサイんですが百合的にはとても美味しいんだなぁ。

そして1巻ラストのホテルですよ。素晴らしいじゃないですか。

振り返るとやっぱり百合に限らない恋愛のアレやコレやに注目したくなる作品な気がします。そしてそれを成立させている二人の関係を自然に受け入れる周りの友人たちが良い味出してますね。過去に色々あったみたいですし、今度はトントン拍子くらいで丁度良いんですよ、きっと。

色々あった中学の話も読みたいですけど。

1巻冒頭に集約されているように、ここまでは万事順調という次第。ですが配信の方を読んでいると若干、不穏な雰囲気もあったりして、さてどうなるのか。

最後までお読みいただきありがとうございました。